「イーネ」は、業務用食品、厨房用品を販売することで、飲食店様をサポートいたします。

サイトマップ


コースターでお店の名前をアピール

飲食店の店内ではよくコースターが使われているのではないでしょうか。
コースターは冷たい飲み物が入ったグラスの汗を受け止める役割や滑り止めのような役割を果たしています。 そのコースター何かとお客様の目に触れる時間が意外と長くないですか? 無意識にコースターを見る時間があるのでお店の名前があると覚えてもらえるかもしれません。

おしゃれなデザインのコースターですとインテリア代わりにもなります。 紙のコースターですと気軽にもって帰ってもらいやすく、そこからまた宣伝につながることもあります。

名入れコースター印刷のメリット

そこで名入れコースター印刷のメリットをあげます。

紙コースター1

低予算で気軽に制作できる

紙コースターだと安心のコストパフォーマンスです。

紙コースター2

個数に対して、保管スペースが少なくてすむ

コースターは重ね置きができるので、まとまった個数でも比較的保管に場所をとりません。 備品は、店内で保管することが多いものですが、個数に対して保管スペースが少なくてすみます。

紙コースター3

持ち歩き便利でエンドユーザーに直接手渡しが可能

コースターは、コンパクトだから持ち歩きが楽で、配布するのも丁度良いサイズ。 お客様に直接手渡しできるので販促グッズとして最適です。

紙コースター4

接触時間の長さが魅力

飲み物を置くためのコースターは、他のグッズと比べて長時間お客様の手元に残ります。 自宅でもオフィスでもグラスに手を伸ばす度に目線に入り訴求効果が高いといえます。 そして、置いてあることで、お客様の周囲への宣伝効果も期待できます。

紙コースター5

思い出とともに持ち帰れる

イベントなどで配布されたオリジナルコースターは、楽しかった思い出とともに持ち帰って記念に飾っておくことができます。

紙コースター6

特殊なコースターはお子様用に

かわいいイラストやパズルなどの遊び心あるコースターは、お子様用にもぴったりです。食育のアイテムとしてもおすすめです。 お子様がコースターに夢中になっている間に、お母さんはゆっくりお食事を楽しめます。


飲食店には欠かせない必要な紙コースターで、お店の立派な宣伝ツールとしてもご活用できます。