「イーネ」は、業務用食品、厨房用品を販売することで、飲食店様をサポートいたします。

サイトマップ


知っておきたい、お箸のマナ-ー

箸2

日本の食事には切っても切り離せないお箸は、飲食店だと箸袋に店名などが印刷されています。 箸を箸袋に入れてお客様に提供すると、高級感が増すのでお箸をそのまま出すより喜ばれるのではないでしょうか。

そんな、私たちの食生活に欠かせないお箸ですが、マナーとタブーがあるのはご存知でしょうか。

マナーに厳しい人というのは、お箸使いのタブーを気にされる方もいらっしゃいます。
このページでは、同席して食事を共にしている人に不快感を与えないためのマナーとして「嫌い箸」の知識についてご紹介いたします。

お箸のマナー

移り箸:  一旦料理を取りかけてから、他の料理に箸を移すことです。

箸渡し:  お箸ではさみあげた食べ物を、お箸とお箸でやり取りすることです。

刺し箸:  お箸を料理に突き刺して食べることです。

ねぶり箸: お箸についたものを口でなめとることです。

持ち箸:  お箸を持っている手で、一緒に他の食器を持つことです。

涙箸:  お箸の先から、汁をぽたぽた落とすことです。

叩き箸: 給仕さんを呼ぶときに、テーブルや食器を箸でたたいて合図する行為です。 昔から「茶碗をたたくと餓鬼が来る」と言われていて、悪運を招く行為とされています。

かき箸: 食器のふちに口をあてて、料理を書き込んで食べることです。

立て端: ご飯の上にお箸を突き刺すことで、仏箸と言われています。 仏箸は死者の枕元に備える枕御飯であり、脇の者が食べてはいけないことを意味しています。

空箸:  お箸を一度料理につけておきながら、食べないで箸をおくことです。

受け箸: お箸を持ったまま、おかわりをすることです。

込み箸: 口に入れた食べ物を、お箸で口の奥まで押し込むことです。

こじ箸: 食器に盛ってある料理を、上から食べずに箸でかきまわして自分の好物を探すことです。

迷い箸: どの料理を食べようか迷い、お箸を持ったまま料理の上でお箸を動かすことです。

探り箸: 料理をかき混ぜて中身を探ることです。

渡し箸: 食事の途中でお箸を食器の上に置くことで、この行為は「もういりません」という意味になります。

二人箸: 食器の上で二人いっしょに同じ料理をはさむことです。

寄せ箸: 食器をお箸で手前に引き寄せることです。

指し箸:  食事中に箸で人を指すことです。

くわえ箸: お箸をおかず、お箸から手を離して口にくわえたままにすることです。


箸3

このように、「嫌い箸」と呼ばれるタブー行為は数多くあります。

食事の仕方には育ちが出るとも言われていますので、意識することでご友人や恋人など、 親しくなりたい人とよりよいコミュニケーションが取れるのではないかと思います。是非、参考にしてみて下さいね。