「イーネ」は、業務用食品、厨房用品を販売することで、飲食店様をサポートいたします。

サイトマップ


アイスクリームの種類

アイスクリームの種類

コンビニやスーパーで気軽に購入出来て、子どもから大人まで老若男女問わず愛されているデザートのひとつといえば、アイスクリームです。

100円以下で購入出来る安価な商品から、思い存分堪能できる業務用まで市場には色々なアイスクリーム商品が販売されています。

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、実はアイスクリームは乳成分の量によって分けて3つに分類されます。 このページでは、アイスクリーム・アイスミルク・ラクトアイスについてご紹介いたします。

アイスクリーム

まずは、名前が浸透している「アイスクリーム」です。 アイスクリームは乳固形分15.0パーセント以上(乳脂肪8.0パーセント以上)入っているものを指します。 3つの中では最も高級で、脂肪分が多いほど牛乳のコクのある味わいになります。 乳固形分と乳脂肪分が最も多く含まれているため、風味がよく栄養的にも優れています。

アイスミルク

次に、アイスミルクです。 乳固形分10.0パーセント以上(乳脂肪3.0パーセント以上)入っているものを指します。 乳固形分と乳脂肪分はアイスクリームに比べて少ないですが、牛乳と同じくらいの栄養があります。植物性脂肪が配合されていることもあります。 アイスクリームに比べると、ミルク感はやや劣ります。

ラクトアイス

最期に、ラクトアイスです。 乳固形分3.0以上入っているものがラクトアイスに分類されます。 ラクトアイスは上二つに比べると乳固形分がさらに少ないため、ミルク感は少なく感じます。また、植物性脂肪が多く使用されています。


アイスクリーム1

その他・・・

そして、ラクトアイスよりも乳固形分が低いものは「氷菓」として販売されています。 果汁などを凍らせたアイスキャンディーやシャーベットは氷菓であり、アイスクリーム類とは別に扱われています。 また、アイスクリームという名前は浸透しているのですが、実際のパッケージを見ると結構アイスクリームに分類されている商品は少ないそうです。 アイスクリームを食べる時は、種類が何に分類されているのかをチェックしてみると、より楽しく食べられるのではないでしょうか。


アイスクリーム2無添加アイスクリーム

当店でも・・・

業務用アイスクリームが欲しい方は、当店の無添加商品をご覧になってみてはいかがでしょうか。 爽やかな香りが特徴的なすっきり美味しい無添加アイスクリームです。